光回線の速度で動画もサクサク!

インターネット Windows95が発売されてからインターネットの利用ができるようになりISDN回線ながらホームページも閲覧できるようになりました。
ただ電話回線を使用するために天候の影響を受けやすく、周辺の回線の利用頻度によっても一定ではなく動画の表示はスムーズに行かないケースもありました。
同じ電話回線でも内部工事だけで利用できるADSLのブロードバンド回線に代わるとある程度動画の表示もスムーズになりました。
しかしこれも電話回線を利用しているために天候の影響を受けるのは同様であるとされました。

その後日本全国に光ファイバーケーブルの工事が進められるようになり、光回線でその回線速度は向上することになりました。
フレッツ光の契約を行う場合も光コラボをはじめとして回線速度はそのままにプロバイダーも自由に選べるようになりました。
光回線に変わって動画共有サイトを始めとして色々なサイトでこれまで以上に動画を快適に視聴できるようになり、音楽動画のようなものを含みこれらを楽しめるようになりました。
テレビはその時間帯にしか見られないものでしたが、これを録画してサーバーへアップロードすることで好きな時間帯にそれを光回線を通して楽しめるようになりました。

これまではレンタルビデオ店でDVDの媒体でレンタルして借りていたものがインターネットを通じて注文できるようになりました。
そして回線速度の向上によってレンタルは郵送で行われていたものがそのサイトに登録して申し込めば、これを自宅のパソコンやその他の端末を通じて視聴できるようになりました。

以前はテレビ会議といって専用回線を敷設して顔を見ながら会議を行っていましたが、設備費も1千万円単位でかかるという高額な費用のかかる方法でしたが、インターネットの高速回線を利用することで、世界中でWeb会議も行えるようになりました。
最近はライブ配信が行えるようになっていて、世界中どこにいてもそのライブ配信を受信することができるようになりました。
用途はそれ以外でも監視カメラや防犯カメラ、お天気カメラや見守りカメラなど解像度の高い映像にも対応して来て役立てることができるようになって来ています。

さらにITやAIとの連携で外出先から自宅にある家電製品や家具に至るまで携帯電話やスマートフォンその他の端末機を使ってコントロールできるようになって来ています。
以前はオンラインゲームも2Dによるものが限度だった時代もありましたが、最近は回線速度の向上で3D動画を多用したゲームもほぼ同じぐらいの環境で再生することができるようになって来ています。