目覚めよく起きたい!ITを使えばできた!

ITはライフスタイルにも大きな変化をもたらしつつあります。
それは何もパソコンやスマートフォンの進化に留まりません。
たとえば目覚めという基本的な所作にも、IT活用により快適性の向上が図られています。
朝はカーテン越しに日の光が入り込み朝を知らせてくれるものです。
これは自然の営みというだけではなく、体内時計の調整にも一役買ってくれています。
実際に時差ボケを解消するために太陽を見るといった方法は有名です。
こうした働きは通常の目覚まし時計にはありません。

しかしIT技術を用いれば、光を利用した気持ちのいい目覚めを実現してくれます。
これには専用のデバイスが必要です。
身に着けた後はいつも通り就寝すると、脳波を自動的にセンサーで調べてくれます。
重要なのは人間が浅い眠りと深い眠りを繰り返すことです。
浅い方が覚醒状態に近いため、この際に起きたほうがスムーズに目覚めることができます。
デバイスによってこれを検出することで気持ちよく起きるタイミングを狙うことが可能です。
特に寝起きが悪い人にとってこれほど頼りになるアイテムはありません。

起床時間になると、このデバイス特有の工夫が発揮されます。
スタート時刻に合わせてカーテンから漏れる光のようにライトから照射されますので誰でも起床がスムーズです。
出力も日の出と同程度の強さが感じられ、寝覚めが悪い人でも問題なく起床できます。
こうした光を利用した目覚まし時計は以前から開発されていました。
ここにITによる脳波の自動検出が加わることにより、非常に気持ちよく目覚めることが可能です。

睡眠障害に悩まされている人は少なくありません。
これは体内時計が狂って自律神経が乱れていることが一因です。
特にスマートフォンを夜中にも弄ってブルーライトを浴びていると、なおさら悪影響は避けられません。
そんな時は光を使った目覚まし時計が極めて有効です。
センサーを使って浅い眠りを検出し、ベストタイミングで光を浴びせることで体内時計がリセットされます。
二度寝や昼間の眠気に悩まされることなく快適な一日のスタートを切ることができます。

現代の労働環境では誰もが日の出と共に起きるというわけにもいきません。
昼間寝て夜に起きるという生活では、本来のリズムが乱れて体調を壊すリスクも高まってしまいます。
もし夜勤が重なるようであればIT技術を使った目覚まし時計を活用するべきです。
これにより質の高い睡眠が確保できますので、健康にも有益となります。