解錠・施錠はスマートキーからさらに変化していく?

昨今では車の鍵がどんどんと変化しています。
その代表的な例がスマートキーです。
スマートキーを持っていると車に近づいただけで自動的に解錠できたり、離れる際に自動的に施錠できたりします。
エンジンをかける際にもスマートキーが近くにある状態でエンジンスタートボタンを押せばOKという製品が多いです。
スマートキーは非常に便利な仕組みであり、わざわざ取り出すことなく車に関する鍵の操作ができるというメリットがあります。

ただ、昨今ではこのスマートキーを変化させようという動きがあります。
スマートキーは非常に便利ではあるものの、電池や無線通信、機械鍵などを内蔵していることから、鍵にしては大きめのサイズになっています。
この機能を普段から持っている物に搭載することができれば、わざわざ鍵を持つ必要すら無くなるということです。
その例としては腕時計があります。
腕時計で解錠や施錠を行うことができれば、普段腕時計をしている人なら鍵を用意しなくてもいいということになります。
車の鍵よりも腕時計の方が外出先で無くさない可能性が高いです。

昨今ではスマホにスマートキーの機能を搭載する試みが進められています。
スマホであれば鍵の機能を搭載するのには十分なスペックがあるだけでなく、ソケットなどを使用することで車内でバッテリーの充電も行うことができます。
何人かで出かけている時にスマートキーを持った人が車から降りると、その人が戻ってくるまでエンジンの再始動ができないということがあります。
しかし、スマホの場合は運転者のスマホを使用して車のエンジンをかけるようにしておけば、運転者が降りない限りはスマートロックやエンジンの始動ができます。
身の回りの様々なものの操作をスマホで行えるようにすることで色々な物の整理ができるというメリットもあります。

しかし、身の回りの物の機能をスマホに搭載して整理をするということにはセキュリティの問題があります。
スマホが何らかの事情で操作できなくなったりした場合、一気に不便になってしまいます。
また、スマホのロック機能などを活用して本人確認をすることも重要になります。
キーレスのシステムがどんどん変化していて、車の操作がどんどん便利になっています。
ただ、キーシリンダーに差し込むタイプの鍵にも電池が必要でないというメリットがあります。
それらのメリットを踏まえつつ、利便性と安全性をどう向上させていくかに注目が集まっています。